DSC06357

スミノフCMで金子ノブアキ氏が使っているデノンのノイキャンBluetoothヘッドホン「AH-NCW500」ですが、デノンさんのご厚意で貸し出ししていただけましたので、これから何回かに分けてレビューをお届けしたいと思います。開設間もない当サイトの認知度を上げてくれた話題のヘッドホンの実力やいかに…。

デノン「AH-NCW500」とは

DENON JP | AH-NCW500(公式サイト)

同社ライフスタイルシリーズの「GLOBE CRUISER」カテゴリーに属するオーバーヘッドタイプのBluetoothヘッドホン。高音質コーデックの再生とノイズキャンセル両方に対応したBluetoothヘッドホン自体がまだまだ珍しい部類なので個人的にも以前から興味がありました。

ちなみに、Bluetoothのバージョンは3.0で、AACとapt-Xコーデックに対応。ノイズやデータ遅延を低減させたことにより、理論上、CDに匹敵する再生クオリティで音楽が楽しめるとか。また、付属のOFC製ケーブルでプレイヤーに有線接続すれば通常のヘッドホンとしても使えます。

低域から高域まで優れた音響特性を発揮する新開発の高性能ドライバーを搭載するハウジング部は折りたたみ式で携帯性も重視。低反発素材を用いたイヤーパッドには、独自の五角形成型を採用。B5サイズの薄型専用ケースを付属するなど、音質と操作性を高い次元で融合。

耳もとで直感的な操作が可能なコントロールホイールを装備。バッテリー駆動は連続10時間。CVC搭載によりノイズを低減したクリアな音質での通話も可能。Denon独自のアクティブノイズキャンセリング機能も装備。

シルバーとブラックの2色展開で、スミノフのCMには前者のシルバーモデルが使われています。価格は、本記事執筆時で、デノンダイレクトで49,800円ですが、Amazonでは24,725円とおよそ半額で販売されていました。以下、サイトに記載の主な仕様です。

● 形式 / ワイヤレス/ダイナミック/密閉型
● ドライバー / Φ40mmドライバー
● 出力音圧レベル / 112dB/mW
● 再生周波数帯域 / 5-37,000 Hz
● 最大入力 / 1000mW
● インピーダンス / 100Ω(電源オン時)
● 質量(コード含まず) / 305g
● コード / 着脱式 片出し(1.3m)
● プラグ / 金メッキステレオミニプラグ
● 付属品 / フラットキャリングケース、エアラインアダプター、充電用USBケーブル
● 無線規格 / Bluetooth 3.0 with apt-X
● 内蔵充電池動作時間 / 約10時間(ノイズキャンセリング&Bluetooth機能オン時)、約15時間(Bluetooth機能のみオン時)、約25時間(ノイズキャンセリング機能のみオン時)

外観編

「AH-NCW500」のパッケージ

DSC06337

デノンライフスタイルシリーズのパッケージは、大半が外箱をスライドさせて内箱を取り出す構造みたいです。内箱のフタを開けると、いきなりのレザーケースとご対面。

DSC06338

ヘッドホン本体はこのケースの中に入ってました。個別に写真はとりませんでしたが、充電用のUSBケーブル(1.3m)、ステレオミニのオーディオケーブル(2.5mm→3.5mm・1.3m・貸出機には入ってませんでした)、航空機用変換プラグと取説・保証書の類が付属します。

DSC06339

(次のページに続きます)