aptx

ワイヤレスで高音質 スマホの音に差が出るブルートゥース(有料会員向け)

日本経済新聞Web刊で有料会員向けにBluetoothのコーデック解説記事が掲載されました。「テクノロジー> eライフ > こっそり教えて」コーナーで扱われており、日経PCビギナーズが元ネタだけだって、非常にあっさりとした解説になってます。

キーワードは「AAC」と「apt-X」で、これらのコーデックが従来の方式よりも高音質であることと、これらを使うには再生機器と音響機器(送出側)の両方が対応している必要があると解説。

有料会員向けにする必要がある内容かどうかはともかく、代表的な対応機器として、このところ“スミノフcm 金子ノブアキ ヘッドホン”で検索されている話題のデノン「AH-NCW500」と自分も所有するソニー「MDR-1RBT」がとり上げられているところに注目です。

DENON 密閉型オーバーヘッドヘッドホン ノイズキャンセリング シルバー AH-NCW500SREM
DENON 密閉型オーバーヘッドヘッドホン ノイズキャンセリング シルバー AH-NCW500SREM
SONY ワイヤレスステレオヘッドセット 1RBT MDR-1RBT
SONY ワイヤレスステレオヘッドセット 1RBT MDR-1RBT

にしても、Bluetoothのカタカナ表記はいまだに違和感があります…。