pana_scnt10_1

水滴や衝撃に強いタフ設計&コンパクトサイズ アウトドアスピーカー SC-NT10を発売 アウトドアで楽しめる迫力サウンド

パナソニックが、水滴や衝撃に強いタフ設計でコンパクトサイズのBluetoothスピーカー「SC-NT10」を10月18日に発売すると発表しました。アウトドアで音楽を楽しみたいというユーザーに提案していくとのこと。価格はオープンで、店頭予想価格は17,000円前後。カラバリはオレンジとブルーの2色。

同機は防滴(IPX4相当)・防塵・耐衝撃(76cmの高さから合板上への落下試験を実施)・耐温度(-10度から50度まで)対応のオールシーズン型タフ設計で、屋外でも音を聴きやすくするブーストモードを搭載。NFCにも対応しており、専用アプリ「Panasonic Music Streaming」も無償提供。内蔵マイク搭載によるスマートフォンのハンズフリー通話も可能。

pana_scnt10_2

ブーストモードのしくみ

アウトドアは、音を反射するものが少ない、周囲の雑音が多いなどの理由から、聴きたい音が聴こえにくい環境。一方、人間の聴感特性には、聴こえにくい 音に対して耳の中の「蝸牛」という部分が共振し、500Hz~2.5kHzの周波数を増幅する性質があり、これを「ケンプエコー」といいます。ブースト モードはこの周波数帯域のレベルを上げることでケンプエコーを誘発させ、屋外で聴こえにくい音を聴こえやすくします。

pana_scnt10_3

【その他の特長】

  • 歪みを低減し、重低音をより強調するDSPコントロール「XBS Master」搭載
    →スピーカーユニットの振幅の小さいパッシブラジエーターの共振周波数を増幅することで、歪みの少ない定温を強調できる独自技術に「H.BASS」「SMART LIMITER」技術を加え、重低音再生をさらに進化したシステム
  • AUX入力端子を搭載
  • 「オートオフ機能」搭載(音声入力がなくボタン操作がない状態が約10分続くと電源が自動的にオフ)

【主な仕様】

電源 DC5V 1.6A
内蔵電池 3.6V(NiMH1500mAh)
充電時間 約5時間
電池持続時間 約8時間(ノーマルモード、Bluetooth)
約1.5時間(ブーストモード、Bluetooth)
質量 約330g
寸法(幅×高さ×奥行) 120mm×53.8mm×120mm
フロントスピーカー 形式:1ウェイ1スピーカーシステム(パッシブラジエーター型)
スピーカーユニット:φ34mm
インピーダンス:6Ω
パッシブラジエーター φ50mm
実用最大出力合計値 4W(JEITA)
実用最大出力(JEITA) フロントチャンネル:2W+2W(1kHz、6Ω、ブーストモード)
Bluetoothバージョン Ver.3.0
対応プロファイル A2DP(SCMS-T対応)/AVRCP/HFP
対応コーデック SBC

デザインがデザインなので一瞬某掃除機と空目してしまいましたが、PCのLet’s Noteシリーズに近いタフネス性能がコンセプトがある種のパナソニックらしさなのでしょうかね。ケンプエコーの事は初めて知りました。人間の耳ってすごいですね。

【関連ニュース】
パナソニック、防滴/防塵の屋外向けBluetoothスピーカー NFCや外でも聴きやすいブーストモード搭載
パナソニック、アウトドア向けの防滴・防砂ポータブルBTスピーカー