Wireless Speaker Lounge | スペシャルコンテンツ | アクティブスピーカー

ソニー製品情報に「Wireless Speaker Lounge」と題した同社製アクティブスピーカーのプロモ用コンテンツが公開されていました。開発者の他、著名人へのインタビュー記事もちらほら。「SRS-X9」は女性ボーカリストのMISIAさん、「SRS-X7」は音楽家の☆Taku Takahashi氏、「SRS-X5」はPS Vita向けゲームソフト開発陣に、それぞれの製品の使用感についてインタビュー。Takahashi氏のインタビューに出てくる、“これからは「ワイヤレス」が、PC・スマホ用スピーカーのスタンダードに”というコメントに注目。

sony_wsl

キーバリュー、着席状況を記録できるハードウエア「スマート座布団」を開発
~ 普通の椅子をスマートチェアに変身させる、iBeacon対応のざぶとん型デバイス ~

感圧センサーとiBeaconモジュールを内蔵した「スマート座布団」が登場。設置した椅子や畳の上に人が座ると重みでセンサーが作動し、登録したスマートフォンやタブレット端末にiBeacon信号を送信。複数箇所にスマート座布団を設置すれば、専用ライフログアプリで、毎日どれほどの時間、どの椅子に座っていたのかが記録可能。飲食店での活用も想定。どの座席にどれほどの客が着席しているのかを把握。空席状況を可視化したり、来客頻度や顧客の平均滞在時間、回転率の分析も可能。「誰が座ったか」という情報は取得しないとか。

sm_zabu

手段としてのウェアラブル端末

「個人とビッグデータシステムをつなげることができていない。しかし、ウェアラブル製品を通じて、人々は入力と出力という双方の属性を兼ね備えるようになる」との興味深いコメント。「ウェアラブル製品はBluetooth接続されたスマートフォンがなければほとんど使い物にならない」とのコメントがありますがIoTの加速が解決してくれるのでは。

もうノートは要らない!? 「書いて保存」が簡単な「ブギーボード」

最近何かと話題の「Boogie Board SYNC 9.7」。Bluetooth対応になってからの注目度がすさまじいです。「ライブ・ドローイング」機能も便利そうです。

[amazonjs asin=”B00JVO3B52″ locale=”JP” title=”KING JIM ブギーボードSYNC ブラック BB-6クロ”]

iBUFFALOの「技あり」Bluetoothキーボード×2機種

スタパ斎藤氏がバッファローのBluetoothキーボード2種類を紹介。薄型モデルの「 BSKBB24」は超薄だけど剛性がありかつキーが打ちやすいこと、ケース一体型のiPad Air専用ケース一体型の「BSKBB25」はiPadを立てるスタンド部にマグネットが入っていて安定感があるとことが技ありだそうです。

[amazonjs asin=”B00JH47XAA” locale=”JP” title=”iBUFFALO Bluetooth3.0対応 コンパクトキーボード 薄型モデル BSKBB24BK”]
[amazonjs asin=”B00JH47X7S” locale=”JP” title=”iBUFFALO iPad Air専用 Bluetooth3.0対応 キーボード ケース一体型 ブラック BSKBB25BK”]