音質評価

DSC07031

GiGは高音質コーデックのAACとapt-Xに両対応していますので、再生機機側がいずれかのコーデックに対応してれば、高音質な音声再生が楽しめます。

AAC

AAC対応のiPhoneやiPadなどではGiGとAAC接続が可能。ただし、AACで接続されていることを確認するすべがないんですよね。

気になる人は、動画アプリなどを使い、GiGからの音声出力で人物の会話に遅れがないかを確認してみるのが良いかもしれません。

実際、YouTubeやDiXiM Digital TVなどの動画再生時に遅延の少ない音声が楽しめました。後者はネットワーク越しにSCEのnasne上のコンテンツを再生できるのですが、ライブチューナというテレビのリアルタイム視聴機能を使った時も、GiG経由で遅延の少ないテレビの音声を楽しめました。

2014-03-07-16.00.45

apt-X

最新のAndroid OSデバイスなどと接続するとAACよりもさらに遅延の少なく、現在最も高音質なコーデックと言われているapt-XでGiGと接続できます。

Xperia Z Ultraのように、apt-X対応のAndroidデバイスなら接続が確立後にapt-X機器と接続した旨が表示される(場合もある)はずです。

apt-Xの場合も、動画アプリなどを使い、GiGからの音声出力で人物の会話に遅れがないかを確認してみると良いでしょう。

Xperia Z Ultraでは、「ムービー」アプリからSCEのnasneのライブチューナ機能を利用できますが、音声遅延は全く気になりません。音の立ち上がりが速いのはもちろんですが、解像度の高いクリアなサウンドが楽しめました。

IMG_3437

ちなみに、動画の音声はAACよりもapt-Xの方がより遅延が少ないです。

(次のページに続きます)