イヤホン王子に訊く「ポータブルオーディオのトレンドは?」【新春企画】(BARKS)

音楽ニュースメディア「BARKS」の新春企画でポータブルオーディオのトレンドを探るというテーマで、2017年に注目すべきアイテムについて、「イヤホン王子」ことe☆イヤホン広報部部長/アンバサダー岡田卓也氏に烏丸編集長が直撃インタビューを敢行。

しょっぱな「2017年、注目すべきイケてるアイテムはどのようなもの」という烏丸さんからの問いに、岡田氏が「True Wireless(トゥルーワイヤレス)でしょうね。」と答える展開。その他注目したい内容をサマリーで。

  • イヤホンを突き詰めたのが「トゥルーワイヤレス・イヤホン」であり半歩先の未来が形になったような商品。
  • iPhoneからイヤホン端子が無くなることはe☆イヤホンにとってむしろチャンス。結果としてワイヤレスへの注目が高まった。元々とワイヤレスの時代が来ると予測しており、ワイヤレス商品の取り扱いを強化していた。e☆イヤホンでしか扱っていないワイヤレス製品にも注力した。
  • e☆イヤホンの魅力はたくさんの商品が全部試聴できるところだがこれまではBluetooth製品があまりなかったのでラインナップを増やすことを意識した。その結果、Bluetooth製品を売る実績もでき、新製品も優先的に扱わせてもらえるようになっていった。いい意味でBluetoothの波に乗れたと思う。
  • AirPodsは充電ケースの蓋を開けるだけで自動的にiPhoneにつながる。設定を一切する必要が無いのは凄い。蓋をあけるだけ。無線の一番の障害だった「つなぎ方がわからない」というのがクリアされている。AirPodsが出たことで、そういう商品が増えると思う。
  • 手間が省けるようになってきたのが2016年。2017年は真に有線に代わるようなBluetooth商品が出てくるのでは無いかという期待がある。

iPhoneからのイヤホン端子削除とそれに合わせたAirPodsの投入は大きな波になったことは間違い無いでしょう。業界のご意見番からのお墨付きということで今年はいよいよ本格的な普及が期待できそうですね。長年ワイヤレスオーディオに注力してきた身として嬉しい限りです。ちなみに、自分も鋭意AirPods試用中です。色々な意味でよく考えてるなあと思わせる優れたデバイスです。近々レビュー公開します。

ついでと言ってはなんですが、e⭐︎イヤホンが昨年暮れに発表した年間ランキングがありますが、どの程度ワイヤレス製品が占めているのか調べてみました。ちなみに今時のプレイヤーはほとんどがBluetooth内蔵なので割愛しています。

結論から先に言えば、数量金額ともに全体の18-19%をワイヤレス製品が占める結果となりました。イヤホン王子が言うように2017年は比較的単価高めの完全ワイヤレスのラインナップが増え、自ずとワイヤレス製品の非常が高まると思われます。

e☆イヤホン 年間ランキング2016【数量編】

100機種中19機種(ヘッドホン3+イヤホン16、完全ワイヤレスは2):全体の19%

9位:イヤホン TaoTronics TT-BH07
17位:イヤホン Plantronics M70
26位:イヤホン Plantronics M90
30位:ヘッドホン Beats by Dr.Dre Studio Wireless
32位:イヤホン Plantronics BackBeat Fit
33位:イヤホン Plantronics BackBeat GO2
35位:イヤホン Skullcandy INK’D WIRELESS
39位:ヘッドホン AKG Y50BT
41位:イヤホン Plantronics Voyager Legend
43位:イヤホン EARIN EARIN
44位:イヤホン Plantronics Explorer 500
47位:イヤホン JayBird X2
49位:イヤホン Jabra MINI
55位:イヤホン JBL REFLECT MINI BT
63位:イヤホン fFLAT5 Aria One
65位:イヤホン JBL EVEREST 100
92位:イヤホン JBL REFLECT MINI BT
96位:イヤホン JBL EVEREST 100
99位:ヘッドホン DENON AH-GC20MDK

  • PlantronicsとJBLが多いですが、意外にモノラルのヘッドセットが売れてます。
  • 店頭販売初となったTaoTronicsの9位ランクインに注目。

e☆イヤホン 年間ランキング2016【金額編】

100機種中18機種(ヘッドホン7+イヤホン11、完全ワイヤレスは4):全体の18%

15位:ヘッドホン Beats by Dr.Dre beats studio wireless マットブラック
23位:イヤホン EARIN EARIN
24位:イヤホン JayBird X2
32位:ヘッドホン Beats by Dr.Dre Solo2 ワイヤレスオンイヤーヘッドフォン
37位:ヘッドホン Beats by Dr.Dre Solo2 オンイヤー・ヘッドフォン – ブラック
40位:ヘッドホン AKG Y50BT
41位:イヤホン ERATO Apollo7
43位:ヘッドホン Bowers & Wilkins P7
46位:ヘッドホン SONY MDR-1000X
47位:イヤホン Plantronics BackBeat Fit
50位:イヤホン fFLAT5 Aria One
55位:ヘッドホン Beats by Dr.Dre Studio ワイヤレス
76位:イヤホン Plantronics M70
79位:イヤホン TaoTronics TT-BH07
84位:イヤホン ONKYO W800BT
94位:イヤホン JBL REFLECT MINI BT
96位:イヤホン JBL EVEREST 100
99位:ヘッドホン DENON AH-GC20MDK

  • 数と金額では結構な違いが出ますね。単価が高いBeatsブランドと完全ワイヤレス商品が上位に来てます。
  • 数で43位だったEARINの健闘が光ります。2016年一番売れた完全ワイヤレスイヤホンであることは間違いなさそう。
  • 販売開始が遅かったTaoTronics TT-BH07のこちらでの健闘にも注目。

ちなみに、有線無線問わず全体では100位までではイヤホンが6-7割を占めており、圧倒的な強さを見せていました。