lyricSP

Lyric speaker

音楽のデジタル配信の普及浸透により、いつでも気軽に音楽を楽しむことができるようになった一方で、レコードやCDに付属していた歌詞カードの需要が減り、“歌詞をじっくり楽しむ”機会が減少しているとして、クリエイティブエンゲージメントエージェンシー「SIX」主導のプロジェクトチームが“コトバ(歌詞)を楽しむためのプラットフォーム”「Lyric Speaker」を開発。

コトバをインテリアとして楽しむ“ちょっと先の視聴体験”を提案するとして、歌詞を映し出す透過スクリーンを内蔵するBluetoothスピーカーオーディオの製品化に向け、彼らの構想に共感し協業してくれるパートナーを募集中とのこと。

製品コンセプトについては、下記動画を見れば一目瞭然。使われているのはプロトタイプのようですが、インテリアとしての存在感もかなりのもの。

ちなみに、製品化プロジェクトでは以下のようなタイプのスピーカーを構想中だそうです。

01_Projection type

自立式スピーカー内部にプロジェクターを内蔵した、壁に歌詞を照射するタイプ。

lyric_1-down

02_Wall‐hanging type

巨大なスピーカーに透過型スクリーンを組み合わせた壁掛けタイプ。

lyric_3-down

03_Holography type

空間に放出された霧状のスクリーンに映像を照射するタイプ。

lyric_5-down

使い方は簡単で、専用アプリをダウンロードして「Lyric Speaker」と連携させるだけ。スピーカー一体型の美しい透過スクリーンが、生き生きとアーティストのコトバたちを映し出すとか。

Lyric_sp_bt

ユニークなプロジェクトだと思います。賛同パートナーが増えて、製品化が実現すると良いですね。