1408280106

リビングにマッチするスタイリッシュな「POLYPHONY」に4K・Bluetooth対応モデルが登場ヤマハ シアターラックシステム 『YRS-1500』『YRS-2500』

ヤマハは、リアルサラウンドが楽しめ、4KパススルーやBluetoothに対応したテレビ用のシアターラックシステム「POLYPHONY」の最新モデル『YRS-1500』を9月下旬に、『YRS-2500』を10月中旬に発売します。

両機は、YSPシリーズで定評のある「デジタル・サウンド・プロジェクター」技術を搭載し、臨場感あふれるリアルサラウンドをスタイリッシュなテレビ用ラックスタイルで楽しめる「POLYPHONY」の最新モデル。

YRS-1500

トレンドに合わせて、4KパススルーやBluetooth、スマートフォン・タブレットで操作可能な専用アプリケーションに対応。大画面テレビで視聴するのにも最適な高さ400mmのローボードスタイルで、幅1200mmの「YRS-1500」と幅1600mmの「YRS-2500」、テレビサイズに合わせて選択できる2サイズを展開。

YRS-2500

YRS-1500/YRS-2500主な特長

  • 大画面テレビとマッチしてリビングを美しく演出する、スタイリッシュなデザイン
  • 映画も音楽もスポーツも、迫力あふれる臨場感で楽しめるリアルサラウンド
  • テレビとの連動操作や視聴環境の自動設定などで、操作や設定が簡単に
  • 最新規格の4K伝送対応HDMI端子を搭載し、HDオーディオにも対応
  • Bluetooth対応やクリアボイス、ヘッドホン端子搭載など、より快適に視聴できる再生・音質機能
  • スマートフォンなどの画面上から簡単に操作可能な、専用アプリケーションに対応

1408280114

Bluetooth機能についてですが、テレビを視聴していないときでも、スマートフォン・タブレットなどのBluetooth対応機器内の音楽コンテンツを手軽にワイヤレス操作で再生可能なほか、独自の音質改善技術「ミュージック・エンハンサー」を搭載し、スマートフォンなどからの圧縮音源も高音質で楽しめるとか。

また、Bluetooth対応端末と電源の連動ができる「Bluetoothスタンバイモード」も搭載。スマートフォンなどの対応端末側からBluetooth接続すると本機の電源がONになり、同様に接続を切断すると電源をOFFにできるので、電源操作の手間が省けます。

その他、セリフやナレーションを格段に聴き取りやすくする「クリアボイス」や、ヘッドホン接続して静かな環境でのバーチャルサラウンドによる視聴が楽しめる「ヘッドホン端子」を搭載しています。

YRS-1500/YRS-2500の主な仕様

型番 YRS-1500 YRS-2500
実用最大出力(JEITA) 232W
入力端子 HDMI 3系統
音声 4系統(アナログ1、光デジタル2、同軸デジタル1)
その他端子 インテリビームマイク用1系統
出力端子 HDMI 1系統(ARC)
音声 1系統(ヘッドホン出力:バーチャルサラウンド)
Bluetooth 1系統
Bluetooth再生方式 バージョン:Ver.2.1・EDR、対応プロファイル:A2DP/SPP、
対応コーデック:SBC/aptX、無線出力:Bluetooth Class2、
対応コンテンツ保護:SCMS-T方式、最大通信距離(障害物のない見通し距離):10m
消費電力 58W
待機時消費電力 1.2W以下(HDMIコントロールON時・BluetoothスタンバイONまたはOFF時)、
0.5W以下(HDMIコントロールOFF時・BluetoothスタンバイON時)、
0.3W以下(HDMIコントロールOFF時・BluetoothスタンバイOFF時)
外形寸法(幅×高さ×奥行) 1200W×400H×445D mm 1600W×400H×445D mm
質量 43.8kg 58.7kg
付属品 リモコン、単4乾電池2本、光ケーブル(1.5m)1本、インテリビームマイク、簡易マイクスタンド、
サラウンド確認用DVD、取扱説明書、簡易接続・操作ガイド、設置マニュアル

Bluetoothのバージョンは2.1+EDRですが、aptXとAACにもしっかり対応しており音質重視が狙いのようです。