Bluetoothスピーカーはボーズ「SoundLink Mini」が抜群の人気――ビックに聞く

日経トレンディネット。ビックカメラ新宿西口本店でのBluetoothスピーカーとオーディオコンポの売れ筋をリポート。同店オーディオコーナーの主任さんは「最近は、スピーカーといえばBluetoothスピーカーという感じで、スマホとつなげて使うのが標準的になっています。昔でいうラジカセのように、外に持ち出していい音が聴けるモデルが人気を集めています」と解説。Bluetoothスピーカーは、BOSE SoundLink Mini Bluetooth speakerの人気が抜きん出ているとか。

サウンドリンク ミニ Bluetooth スピーカー

夏本番! お出かけを楽しくするスマホ関連グッズいろいろ

ケータイ Watch。屋外、移動時、滞在先などでスマートフォンをより便利に、楽しく使うためのグッズを紹介。Bluetooth対応グッズとして、Jabra STEP Wireless、バッファロー BSBT4PT03、ソニー SRS-X1が紹介されています。


お風呂に沈めても動作する、ソニーの防水ワイヤレススピーカーSRS-X1

WIRED.jp。上でも紹介されているソニーの防水対応球体Bluetoothスピーカー「SRS-X1」を折原一也氏が評価。音楽を流したままバスタブに沈めたり、音楽を鳴らしている最中にユニットに水を掛けるなど、防水性能についてかなり突っ込んだ検証をなさってます。

スマホで家電の消費電力がわかる「Bluetoothワットチェッカー」

ケータイ Watch、本日の一品でラトックシステムの「Bluetoothワットチェッカー」が採り上げられています。壁コンに接続し電源口に家電の電源ケーブルを接続して、Bluetoothペアリングしたスマホアプリ上でボタンをワンタッチすれば、すぐに電力使用状況が記録され始めるとか。

新登場のSUUNTO AMBIT 3 が Bluetooth Smartを搭載した意味

geared。スントがBluetooth Smart対応のスポーツウォッチ「SUUNTO AMBIT3」を9月26日に発売するそうです。時計に記録された情報はワイヤレスでスマホアプリに渡され、クラウドにアップロード。サイクリング時には、スマートフォンを自転車のハンドルバーに取り付けて、AMBIT3のサブ画面として使えるとか。

suunto-ambit3

SIMフリースマートフォン「FLEAZF5 CP-F50aK」

CoviaがデュアルSIM仕様のSOMフリースマートフォン「FLEAZF5 CP-F50aK」の取り扱いを開始。5インチ高精細QHD IPS液晶採用でAndroid 4.4、クアッドコアプロセッサ 1.2GHzを搭載。FOMAエリア(2100MHz)に加え、FOMAプラスエリア(800MHz)にも対応。Bluetoothテザリング機能にも対応しています。価格が衝撃的。

電話を受けるのもかけるのも面倒にならない!Bluetoothミニフォンが便利!

iPhone Mania。スマホやパソコンなどで通話をしやすくするための受話器「Bluetoothミニフォン」を紹介。音楽プレイヤーのコントローラにもなるとか。Hameeストラップヤで4,743円。

GREEN HOUSE 通話&音楽を楽しめる Bluetoothミニフォン GH-BHMPA

スイングを解析してスマホでチェック――「Zepp Tennis スイングセンサー」を使ってみた

ITmedia Mobile。Bluetoothでスマートフォンと連携してテニス、野球、ゴルフのスイングを解析できる3Dモーションセンサーの紹介。記録したスイングのデータはリアルタイムでスマホ側に転送され、クラウド上に半永久的に保存されるそうです。