日本プラントロニクスの広報担当さんから、昨年9月の発売以降、ベストセラーを続けているBluetoothヘッドセット「BackBeat GO 2」を貸し出しいただきましたので、簡単ですが個人的なインプレをお届けしたいと思います。なお、今回お借りしたのはホワイトモデルです。

「BackBeat GO 2」とは

Plantronics | Backbeat Go 2

backbeat-go2-side

2012年9月に発売されたカナルタイプのBluetoothヘッドセット「BackBeat GO」の後継。先代機の、軽量コンパクトデザイン、高音質、P2i社技術の撥水性に加え、DeepSleepモード搭載により、待ち受け時の電量消費を大幅に削減。充電状態を維持し最大半年間の即時起動が可能。ブラックとホワイトの2色展開で、2013年9月発表時の店頭予想価格は税込7,980円でした。

以下、公式サイトの製品情報より主な特徴を一部変更して転記します。

  • Bluetoothを使用してスマートフォンやタブレットに接続し、音楽、映画、通話を楽しむことができます。
  • 軍用レベルのP2iナノコーティングテクノロジーで、イヤーパッドを汗や湿気、飲みこぼしから守ります。
  • インラインコントロールにより、通話、トラックのスキップ、音量調節の操作が簡単です。
  • ポケットに簡単に入るコンパクトサイズで、面倒なケーブルがないシンプルな設計です。
  • 3つのサイズのクッション付きイヤーチップとスタビライザーにより、アクティブな使用場面でも、一日中快適に装着できます。
  • 最大4.5時間のオーディオ再生と5時間の連続通話が可能。
  • 電話を使用していない時は、DeepSleepモードによりスリープ状態になり、バッテリーを最長6か月間持続できます。
  • iPhoneとiPadの画面にヘッドセットの電池残量メーターが自動表示されます。
  • PlantronicsのBattery Meterウィジェットを使用して、Android 3.0のタブレット、Android 4.0の携帯電話とタブレット上でヘッドセットの電池残量メーターを表示できます。

BackBeat GO 2の基本仕様

Bluetooth:v.2.1+EDR
連続通話時間:最大約5時間
連続待受時間:最大10日(DeepSleepモード起動時のバッテリー持続時間は最大180時間)
音楽再生時間:4.5時間
充電時間:2.5時間(フル充電)
重量:14g
対応プロファイル:A2DP、AVRCP

BackBeat GO 2のパッケージをチェック

まずはパッケージのチェックから。

bbgo2_collage_1

朱色に近い、赤が目をひくパッケージ。製品画像がプリントされているトップを本のようにめくると実物が拝める仕組み。パッケージはグローバル仕様ので裏面には複数言語で製品説明が記載されていました。

中身はヘッドセット本体、イヤーチップ(S,M,L)、スタビライザー、デュアルUSB充電ケーブル、複数言語の取説。製品版はこれらに加え保証書が付属するはずです。

(次のページに続きます)