超軽量143gで空気のような装着感!フィリップスの2WAYヘッドフォン『SHB9100』
ケーブルをつなげば自宅で使えるAKGのBluetoothヘッドフォン『K845BT』
キレがいい音でジャズが楽しめるJBLのワイヤレスヘッドフォン『SYNCHROS E40BT』
Bluetoothで高音質を追求したHerman/Kardonのヘッドフォン『BT』

@DIME、ゴン川野氏のPC Audio Lab。音質向上が著しいと言われるBluetoothヘッドホン4モデルの音質チェック特集。採り上げられたのは、フィリップス「SHB9100」、AKG「K845BT」、JBL「SYNCHROS E40BT」、Harman/Kardon「BT」の密閉型4機種。モバイルでBluetoothという使い方を考えると、今回のベストバイはフィリップス「SHB9100」で、音質だけで選べばAKG「K845BT」がベストバイ間違いなしとか。「音が悪いのはSBC」との記載がありますが、最近はそうでも無いんですけどね…。あと、Herman/Kardonのスペル間違ってますよ。

フィリップス 2WAY密閉型ヘッドホン Bluetooth対応 レッド SHB9100RD 【国内正規品】AKG ワイヤレスヘッドホン Bluetooth対応  K845BT ブラック K845BTBLK 【国内正規品】 JBL Synchros 密閉型オンイヤーワイヤレスヘッドホン Bluetooth対応 E40BT ホワイト E40BTWHT 【国内正規品】harman/kardon 密閉型ヘッドホン harman/kardon BT

スピーカー&ヘッドホン「モニター販売」 | ハーマン公式通販

ハーマンと言えば、7月のモニター販売の4機種中2機種がBluetooth対応。マルチメディアスピーカー「JBL CHARGE SHADOW」が通常12,800円のところ9,980円、ホームシステム harman/kardon SABRE SB35が通常95,047円のところ66,000円だそうです(いずれも価格は税抜)。

harman_monitor_1407

NCもBluetoothも!ソニーの“イマドキ高機能”ヘッドホン「MDR-ZX750BN」を聴く

Phile-web。デジタルノイキャンとBluetooth両対応のヘッドホン、ソニー「MDR-ZX750BN」をオーディオライターの高橋敦氏がレビュー。「AACとaptXにも対応しており、利用には特に設定は必要なく、ベストなコーデックが自動的に選択される」との記載がありますが、ソニーの場合はいつもデフォルトがSBCなので「音質優先モードに設定」する必要があるはずなのですが…。

ソニー Bluetooth対応ノイズキャンセリング搭載ダイナミック密閉型ヘッドホン(ホワイト)SONY MDR-ZX750BN-W ソニー Bluetooth対応ノイズキャンセリング搭載ダイナミック密閉型ヘッドホン(ブラック)SONY MDR-ZX750BN-B

“Studio Wireless”にレッドとタイタニウムが新登場!

Beats by Dr.DreのBluetoothヘッドフォン「Studio Wireless」に新色、レッドとタイタニウムが追加。7月17日発売。価格はオープンで予想価格は40,824円前後。Beats Acoustic Engine、アダプティヴ・ノイズ・キャンセレーション(ANC)機能等はそのままにワイヤレスとなって登場したBluetoothヘッドフォン。

studio-wireless-nc

意外に便利に使えた画像メモ撮影アイテム「SnapLite」

ケータイ Watch。スタパ斎藤さんがiPhoneと組み合わせるとスキャナーに変身するPFUのデスクライト「SnapLite」をレビュー。iPhone側のBluetoothがオンになっていると、SnapLiteにACアダプタをつないで専用アプリを起動するだけで初期設定が自動的に完了するそうで、「最近のBluetoothモノはラクですな」とコメントなさってます。

~ 「チャレンジ JAL」宣言 第3弾 ~JAL×NRI、空港旅客業務の先進化に向け、iBeaconおよびスマートウォッチを活用した実証実験を開始

日本航空と野村総研がiBeaconとスマートウォッチを活用した空港旅客業務の先進化に向けた実証実験を期間限定で開始。羽田第1旅客ターミナルビルで、各搭乗ゲートに設置されたビーコンが発する信号を、ゲート担当スタッフが持つスマートフォンが受信し、スタッフの所在・配置状況をコントローラーデスクの担当者が遠隔地からリアルタイムに把握可能とか。

jal_nri_beacon