Amazon Media Room: Press Releases
Amazon Fire Phone – 13MP Camera, 32GB

Amazonがオリジナルのスマートフォン「Amazon Fire Phone」を正式発表。カメラレンズを通して使用者の行動を予測しタッチなどの動作無しで一部の機能の操作が行える「Dynamic Perspective」や、カメラレンズやマイクを通じてURL、メール、電話番号、QR/バーコード、ムービーや音楽コンテンツを特定できる「Firefly」搭載など特徴。当然の如く、Wi-Fi、Bluetooth(v.3.0)、NFCにも対応しています。米国では7月25日に発売予定。価格は縛り等が無いの場合で32GBモデルが649ドル、64GBモデルが749ドル。

amazon_firePhone

アウトドアにピッタリ!防滴防塵のBluetoothスピーカー

ASCII.jp。モバイラーの聖地?「イケショップ」で販売中の「防滴防塵 Bluetooth アウトドアスピーカー」を紹介。三角柱ボディーが特徴的で、防滴シェル構造と、二重メッシュによる防塵性を合わせ持つタフさが最大の魅力とか。Bluetoothバージョンは今時にしては珍しい要PINコードな2.0+EDR。価格は5,500円。

ike_btsp

最新機能を網羅、デノンの最新AVアンプ「AVR-X2100W」を野村ケンジがレビュー

Phile-web。先週末に発表されたばかりのデノン製Bluetooth機能内蔵の7.2ch AVサラウンドレシーバー「AVR-X2100W」のレビュー。注目すべきはネットワーク再生機能だそうですが、Wi-FiとBluetooth、2つのワイヤレス機能を内蔵したこともうれしいとか。下位モデルとの差については、“BD再生だけでなく、NASやスマホからの音楽再生も多用したいという人は「AVR-X2100」をチョイスする方が良さそう”との記述。

ブラジルW杯の最新テクノロジー10選

WIRED.jp。ワールドカップで本格的に導入されたゴール判定技術「GoalControl 4-D」のほか、アディダスのBluetoothに対応スマートボール「miCoach」も紹介されてます。前者は強力な画像処理アルゴリズムを使い、各カメラの監視範囲内でボールの位置を特定。審判の腕時計「Watchlink」に暗号化された結果情報を伝送するそうです。WatchlinkにはTIのチップセット「CC430F6137」を搭載。1個のトランスミッタでスタジアム全体をカバーでき、非常に電力効率がよいとか。

adidas_smartball

:2014年6月11日~13日の幕張メッセをジオだらけの視点でレポート:BLEや音波が実現する“マイクロロケーション” ほか

INTERNET Watch。幕張で開催された位置情報ビジネスがテーマの展示会&セミナー「ロケーションビジネスジャパン(LBJ)2014」のイベントレポート。今回のキーワードの1つが“マイクロロケーション”。音波やBLEなど新しい測位技術が登場したことで様々な新サービスが生まれているとか。BLEビーコン(iBeacon)への注目の高さを感じられるレポート。

世界最速クラスの情報処理技術を搭載!AOKIが新顧客管理システムを導入

紳士服のAOKIが、ポイントカード会員、メルマガ会員、モバイル会員など、これまでさまざまなチャネルに分散されていた顧客情報を統合し、AOKI・ORIHICAで新しい顧客システムの運用を開始。ポイントカードをバーコード式に刷新し、iOS、Android対応の「会員証アプリ」を開発し、同時リリース。アプリには、他社に先駆けiBeaconを搭載。店舗来店者にポイントやクーポン情報・商品情報などの配信ができ、来店時の動線も収集。将来的に全店での運用を目指し、2014年下半期より、3店舗でテスト導入を実施するとか。

img_47607_1