SYNCHROS

ハーマンインターナショナルが、JBLブランドの「SYNCHROS(シンクロス) Eシリーズ」を新発売。カナルイヤホン「SYNCHROS E10」、オンイヤーヘッドホン「SYNCHROS E30」、Bluetooth対応のオンイヤーヘッドホン「SYNCHROS E40BT」とオーバーイヤーヘッドホン「SYNCHROS E50BT」の4アイテム。いずれも、ファッションやライフスタイルに合わせて選べる5色のカラバリ展開。発売はE10とE30が6月中旬、E40BTとE50BTが7月中旬。

Bluetoothヘッドホンの詳細は以下の通り。

SYNCHROS E40BT | Bluetoothヘッドホン

E40BT_BLK-side

独自の高性能40mm径ダイナミックドライバーが、躍動感のあるワイドレンジ再生を実現。こだわりのJBLサウンドをそのままに、高いコストパフォーマンスを実現。価格はオープンで推定価格は9,980円前後。

SYNCHROS E40BTの主な特長

  • 独自の高性能40mm径ダイナミックドライバーを採用。ケーブルはハウジング着脱式の4極プラグ対応。エコーキャンセリング機能搭載でクリアな通話。
  • 「iFプロダクトデザインアワード」と「レッド・ドットデザインアワード」を受賞。
  • 独自の「ShareMe」ワイヤレス・ミュージック・シェアリング機能で、1台のデバイスで再生した音楽を2台のヘッドホンでシェア。

SYNCHROS E50BT | Bluetoothヘッドホン

E50BT_BLK-side

独自の高性能50mm径ダイナミックドライバーを採用し、躍動感のあるワイドレンジ再生を実現。こだわりのJBLサウンドをそのままに、高いコストパフォーマンスを実現。約18時間再生できるパワフルなリチウムイオンバッテリーを搭載。価格はオープンで推定価格は14,800円前後。

SYNCHROS E50BTの主な特長

  • 独自の高性能50mm径ダイナミックドライバーを採用。
  • ケーブルはハウジング着脱式の4極プラグ対応。エコーキャンセリング機能搭載でクリアな通話。
  • 「iFプロダクトデザインアワード」と「レッド・ドットデザインアワード」を受賞。
  • 独自の「ShareMe」ワイヤレス・ミュージック・シェアリング機能で、1台のデバイスで再生した音楽を2台のヘッドホンでシェア。

SYNCHROS E50BTとE40BTの主な仕様

機種名 SYNCHROS E50BT SYNCHROS E40BT
Bluetooth バージョン:Bluetooth3.0
対応プロファイル A2DP(v1.3)、AVRCP(v1.5)、HFP(v1.6)、HSP(v1.2)
ドライバー径 50mm 40mm
周波数特性 20Hz~20kHz 20Hz~22kHz
感度(1mW) 117dB/30mW 115dB/30mW
インピーダンス 32Ω
入力プラグ φ3.5mmステレオミニ(L型)
電源 リチウムイオン充電池(充電:約3時間、音楽再生:約18時間) リチウムイオン充電池(充電:約3時間、音楽再生:約16時間)
重量(ケーブル含まず) 300g 205g
付属 ヘッドホンケーブル(φ3.5mm 3極ステレオミニ)×1、充電ケーブル×1

ph01-side

2機種共に、1台のデバイスで再生した音楽を2台のヘッドホンでシェアする「ShareMe」ワイヤレス・ミュージック・シェアリング機能が最大の特徴でしょう。上の画像がそのイメージ。

AV Watchさんの記事によると、「スマートフォンと1台目をBluetoothで接続、1台目のE40BTから、2台目のE40BTへとさらにワイヤレスで音楽を伝送」しているそうです。E40BTは色違いで2台揃えても2万円程度というコスパが魅力ですね。

【関連ニュース】
JBL、無線で2人同時に聴けるBluetoothヘッドフォン(AV Watch)