srsx1x2

ワイヤレスポータブルスピーカーのラインアップを強化~お風呂でも手軽に楽しめる防水性能を備えた手のひらサイズの『SRS-X1』と、約500gの軽量な本体で実用最大出力20Wの高出力を実現した『SRS-X2』の2機種を発売~

ソニーは、手のひらサイズの球体デザインを採用した防水対応のBluetoothスピーカー「SRS-X1」と、約500gの本体に最大出力20Wのデジタルアンプを搭載したBluetoothスピーカー「SRS-X2」を6/21に発売します。価格はオープンで、税別の市場推定価格はSRS-X1が8,500円前後、SRS-X2が9,500円前後。

SRS-X1の主な特長

srsx1_3

SRS-X1は、SRS-BTV5同様の手のひらサイズの球体デザインを採用。約185gの小型軽量な本体に実用最大5Wの高出力を実現したことに加えて、パッシブラジエーターを搭載することでレンジの広い豊かな音を再生。クリアで広がりのある音場を360度全方位にわたって体感できるサークルサウンドステージなどの高音質再生機能も搭載。同機を2台接続することでステレオでの音楽再生が楽しめるステレオペアリング機能も搭載。防水性能はJIS IPX5およびJIS IPX7相当。カラーはブラック、ホワイト、ピンク、バイオレットの4色。

srsx1_2

SRS-X2の主な特長

srsx2_1

SRS-X2は、ソニー独自のさまざまなデジタル信号処理技術をバランス良く組み合わせることで上質な音を手軽に楽しめる、ClearAudio+を搭載。これにより、複雑な設定が不要となり、一回の操作で低域から高域まで、ソニーが勧めるクリアかつ臨場感ある音を簡単に楽しめます。カラーは、ブラック、ホワイトの2色。

srsx2_2

両機に共通の主な特長

両機ともにNFCのワンタッチリスニング機能に対応しており、スマートフォンなどの対応機器を本機にかざすことで、Bluetooth機器間のペアリングを意識することなく簡単に接続して、さまざまな端末での音楽再生やハンズフリーの通話をワイヤレスで楽しめます。

いずれもリチウムイオン充電池内蔵でSRS-X1は最長約12時間、SRS-X2は最長約5時間のワイヤレス長時間再生が可能とのこと。

両機の主な仕様

型名 『SRS-X1』 『SRS-X2』
スピーカー部 使用スピーカー フルレンジ
エンクロージャー方式 パッシブラジエーター方式 バスレフ方式
アンプ部 実用最大出力(JEITA調べ) 総合出力5W 総合出力20W(10W+10W)
内蔵バッテリー駆動時 2.5W 10W(5W+5W)
Bluetooth 通信方式 Bluetooth標準規格ver. 3.0
対応プロファイル※1 A2DP,AVRCP,HFP,HSP
対応コーデック※2※3 SBC
対応コンテンツ保護 SCMS-T方式
接続 NFC
入力 オーディオ入力端子
サウンド Clear Audio+
マイク部 形式 エレクトリックコンデンサー型
指向特性 全指向性
電源部・その他 電源 リチウムイオンバッテリー、AC電源
電池持続時間
(Bluetooth接続時※4)
約12時間 約5時間
最大外形寸法
(幅×高さ×奥行)
約78mm×80.5mm×78mm 約171mm×60.5mm×56.5mm
質量 約185g 約500g
付属品 マイクロUSBケーブル、キャリングポーチ マイクロUSB 一体型ACアダプター、キャリングポーチ

SRS-BTV5の後継進化版となるSRS-X1。最新トレンドを、ソニーらしく小型軽量なボディに詰め込んだという印象。オフィシャルコンテンツを見る限り、2台でステレオはあまり強調してないようです。

コンサバデザインのSRS-X2は、生産完了になったSRS-BTS50の後釜として、ソニーのポータブルBluetoothステレオスピーカーのスタンダードという位置づけになるのでしょう。

srsx1x2_sstore

【関連リンク】
SRS-X1(ソニーストア)
SRS-X2(同上)