新生ノキアの“顔”ポップでカラフルなスマホアクセサリー

週アス+がBluetoothヘッドセットや本体カバー、スピーカーなど、ポップでカラフルなノキアの純正アクセサリーを紹介していました。自分もノキアの公式サイト覗いてみましたが、確かにカラーもデザインもインパクトありますね。

Nokia-Bluetooth-Stereo-Headset-BH-121-jpg

HEADSET BH-121」は、イヤホンのカラーも同色にするこだわりよう。型番からしてソニー「SBH20」とよく似てます。

Nokia-bluetooth-mini-speaker-MD-12-big-bass

スピーカーユニットが上向き「PORTABLE WIRELESS SPEAKER MD-12」はボタン一つのシンプルデザイン。両機共にBluetooth 3.0だそうです。女性受けしそうだし、日本で販売すれば良いのに…。

光る、離れる、水に強い–欲しいモデルが見つかるBluetoothスピーカ20選

3月中旬に公開されていたCNETの画像コラム。JBL「PULSE」、ソニー「GTK-N1BT」、ヤマハ「Relit LSX-700」、JVC「NX-W5」、JBL「VOYAGER」、Urban Utility「USBS-WW1」、UE「WS510」、Olasonic「TW-BT55ST」、ソニー「SRS-BTS50」、日立マクセル「MXSP-BTW100」、パナソニック「SC-NT10」、Socsche「boomBOTTLE」、TDK「TREK A26」、フィリップス「SHOQBOX SB7200」、ヤマハ「NX-P100」、ティアック「SL-D930」、パナソニック「SC-LT200/LT205」、BMW MINI「MIRROR BOOMBOX」、Klipsch「GiG」、
EDIFIER「Luna Eclipse E25」の20製品をざっくり紹介してます。この中で今個人的に使ってみたいのは、2台でステレオになるUrban Utility「USBS-WW1」です。

伝統のサウンドを具現化したマーシャルのコンパクトスピーカ

産経ネットショップのMarshallブランドのBluetoothスピーカー「STANMORE」紹介記事。輸入販売元のザウンドインダストリートウキョウ松下氏は「(原音の)再現力が高く、ライブ会場のような臨場感の広がりがある音質が特徴」「音楽を聴くだけでなく、テレビなどにつないで映画やライブのDVDを見るのにも最適」とコメント。ちなみに、産経ネットショップで「STANMORE」を購入すると先着30台限定でマーシャルのロゴ入りオリジナルキャップ(非売品)がプレゼントされるとか。

わずか20g!ZAGGの小さな小さなBluetoothスピーカー「iFrogz Tadpole」

iPhone女史で、日本未発売のBluetoothスピーカー、「iFrogz Tadpole」が紹介されていました。重さはたったの20gでサイズも68x11x35mmとコンパクト。カラビナ付きで19.99ドルだそうです。連続再生2時間以上だそうですが、ちょっと物足りないかな…。

[先行予約]アウトドアで音楽を楽しめる Bluetooth防滴スピーカー!

AppBankが防滴仕様でカラビナ付きのBluetoothスピーカー「Mifa Mubit」の先行予約受付を開始しています。シングル3Wスピーカー+低音ラジエターに独自の音壁を内部に設計することにより大音量、高音質を実現したそう。マイクロSDカードスロット付。価格は税込5,400円。

mifamubit

boogie board sync9.7は、我が家の最強コミュニケーションツール【ぷーこの家電日記】

Bluetooth対応を果たしたBoogie Board SYNC 9.7のユニークなレビュー。コミュニケーションツールとして機能しているようです。絵がうまい人がうらやましいです。