BluetoothLogo.svg

米調査会社、Bluetooth(R)採用デバイスの成長予測を発表 Bluetooth Smartがハブ機器として中心的役割へ〜携帯電話、PC、タブレットで活用されたBluetoothがホームオートメーションのハブへ拡がる〜(リンク先は原文)

Bluetooth SIGは、米調査会社IHS社が発表した消費者・モバイル・ITマーケットにおける接続性についての市場調査と最新予測を元にBluetoothの最新動向について声明を発表しました。

IHS社の調査によると、2014年にBluetoothがスマートフォンを含むすべての携帯電話の90%で採用され、その数は2018年までに96%に成長すると見込んでいるとか。

携帯電話は個人のモノのインターネット、すなわちユーザー個人の周囲にある、あらゆるデバイスをインターネットに接続するためのハブとして機能。Bluetooth Smart技術により、フィットネス、健康、睡眠モニター、プロキシミティタグ、歯ブラシとの接続までも実現しています。

Bluetooth SIGのチーフマーケティングオフィサーであるスーク・ジャワンダ氏は

電力効率が高く、高機能なBluetooth Smartは、周辺機器との接続に革命をもたらしました。まさに植木鉢からフォークまであらゆるものがユーザーにデータを送ることができるようになったのです。また近年のデバイス急増に伴い、利用者からの接続性への期待と要望は高まってきています。

私たちは、すべてのモバイルOSプラットフォーム上でBluetooth Smartを利用できるよう、Apple、Blackberry、Google、Microsoft各社と連携してきました。

ユーザーがすでに持っている携帯電話、タブレット、PC 上でシームレスに動作することを理解した上で製品を開発できるため、開発者の労力も軽減されます。

また、これは消費者にとっては、OSなどの環境を特に意識することなく製品を利用できることを意味します。

と述べています。また、IHS社は、携帯電話、モバイル PC、タブレットでのBluetooth普及に加え、家庭内、特にリビングでのBluetooth技術の成長も予測。

液晶テレビ分野では、現在の19%が2018年には33%にまで成長する見込み。

PC分野では、モバイル・デスクトップ共に今後4年間で大幅な成長を予測。モバイルPC分野での普及は2013年の56%から2018年に75%へと急増する見込み。デスクトップPC分野では、売上低下が見込まれているものの、Bluetoothの採用割合が2013年の10%から2018年には27%へと成長すると予測。

モバイル及びデスクトップPCは、家庭内においてハブとしての役割を担い、さまざまな用途に対応した Bluetooth Smartアクセサリの成長を加速させるとか。Bluetooth SIGのスーク・ジャワンダ氏は

現在は携帯電話がBluetooth Smartのセンサーデバイスとしてハブの役割を担っていますが、今後はテレビやApple TVやAmazonの最新Fire TVなど、固定して使うメディアストリーミングのボックスがその役割を担っていくことになるでしょう。

すでに Bluetooth対応のドアロック、照明システム、サーモスタットが販売されており、ユーザーがテレビやエンターテイメントコンソールをホームオートメーション向けの接続の中心的役割として活用できる日も遠くはないでしょう。

とも述べています。IHS社のテクノロジー部門アソシエイト・ディレクターを務めるリサ・アロースミス氏は、ハブ機器でのBluetooth技術の普及、Bluetooth Smartの活用が様々なものへ応用される原動力となっていることに注目。

Bluetooth Smartが、個人のモノのインターネットと形容される広範囲に及ぶソリューションとして全く新しい分野の開発を促してきていることはとても驚異的です。

スマートフォン、タブレット PC などコンシューマ向けのデバイスと通信するための低消費電力ソリューションとしてBluetooth Smartは最適で、「アプセサリ」という新たな分野の創造とともに今後も目覚ましい成長を続けていくでしょう。

と述べています。国内でもこんなニュースが飛び交っていました。

ウエアラブル機器向けにBluetooth LEモジュールの提案相次ぐ
MEDTEC Japan 2014:もっと自由なウェアラブル機器設計を、TDKの超小型Bluetooth対応モジュール
リストバンド型活動量計「Fitbit Flex」を量販店ルートでも販売
簡単に肉や魚の鮮度/品質を調べられるデバイス、Indiegogoに登場
【Nordic Semiconductor】Bluetooth Smart対応ビーコンのリファレンスデザインを提供開始

BluetoothはもはやIoTに欠かせない主要なテクノロジー。ウェアラブル関連ばかりが注目されていますが、オーディオ方面への応用発展にも期待したいところです。