S400BTWTE_1_Fotor_Collage

ハウジングパネルへのタッチ操作で、スマートホンの音楽再生をリモートコントロール。躍動感のあるワイドレンジ再生をワイヤレスで楽しめる、Bluetooth ワイヤレスヘッドホン「SYNCHROS S400BT」を新発売。~エコーキャンセリング機能でハンズフリー通話もクリアな音質~

ハーマンインターナショナルは、JBLブランドのNFC対応Bluetoothワイヤレスヘッドホン「SYNCHROS(シンクロス)S400BT」を4月上旬に発売します。価格はオープンプライスで店頭予想価格は税別22,800円。

SYNCHROS S400BTは、ハウジングにタッチセンサーパネルを搭載し、簡単なタッチ操作でBluetooth接続しているスマートホンをリモートコントロールする事が可能。ワイヤレスの快適さと、簡単リモコン操作の利便性を併せ持ったヘッドホン。

ケーブルは着脱式で接続可能なのでバッテリー切れの際もワイヤードで使えるので安心。低反発性のイヤパッドによる装着感の良さも特徴。

高性能40mm径ドライバーによる躍動感のあるワイドレンジ再生が、音楽を鮮かに、パワフルに表現。

S400BTBLK_1_Fotor_Collage

SYNCHROS S400BTの主な特徴

●ハウジングパネルへのタッチ操作で、音楽再生のリモートコントロールが可能

ハウジングトップにタッチセンサーパネルを搭載。指でなぞるタッチ操作で、音量調整、再生、一時停止、ハンズフリー通話の着信応答、終話を、リモートコントロール可能。

jbl_s400_tp

●NFC対応 Bluetoothワイヤレスヘッドホン

PINコード自動入力の簡単設定で、すぐにワイヤレスで音楽再生を楽しむ事ができます。
NFC搭載スマートホンであればハウジングトップにワンタッチするだけで簡単にペアリング。

●ハンズフリー通話対応

ヘッドホン本体にマイクロホンを内蔵。スマートホンとのワイヤレス接続時にハンズフリー通話が可能。エコーキャンセリング機能搭載にて通話音質もクリア。

●クリア且つ重厚なワイドレンジ再生を実現、高性能 40mm径ドライバー搭載

JBLの技術が凝縮した 40mm径ドライバー搭載により、躍動感のあるワイドレンジ再生が可能。音楽のエネルギーを損なわずにJBLならではのクリアな高音と、迫力のあるタイトな低音を実現。

●遮音性が高く快適な装着感の低反発性イヤパッド

レザー調イヤパッドには低反発性クッションを採用。オンイヤータイプのハウジングと合わせて快適な装着感と、高い密閉性を実現。

●1回の充電で最大15時間使用可能

本体に充電池を内蔵。付属の専用充電ケーブルを使用して、PCのUSB ポートから充電ができます。2時間の充電で最大約15時間使用可能。

●バッテリー切れの時も安心。着脱式ケーブル採用

着脱式ケーブルにより、バッテリー切れの時でも通常のワイヤードヘッドホンとして使用可能。

●コンパクトに折り畳んでで収納、キャリングケース付属。

ヘッドホン本体をガードする専用キャリングケースが付属。ヘッドホンを平らに折りたたんで収納可能。

SYNCHROS S400BTの主な仕様

製品名 SYNCHROS(シンクロス) S400BT
タイプ 密閉ダイナミック型(オンイヤー) Bluetooth ワイヤレス
カラー ブラック、ホワイト
Bluetooth Bluetooth4.0 A2DP(v1.2),AVRCP(v1.4),HSP(v1.2),HFP(v1.6)
apt-x 対応
周波数特性 20Hz~20kHz
感度 115dB/30mW
インピーダンス 32Ω
充電 充電:約 2 時間、音楽再生:約 15 時間
重量 275g(本体のみ)
付属 ヘッドホンケーブル(φ3.5mm 3 極ステレオミニ L 型 1.2m)×1
専用充電ケーブル(1m)×1 専用キャリングケース×1

jbl_s400bt
Bluetoothヘッドホンでタッチコントロールと言えば「Parrot Zik」がすぐ頭に浮かびますが、この手の操作は特許があるのでしょうかね…。

ともあれ、自分もこれまで多くのBluetoothヘッドホンを使ってきましたが、指先だけの操作だとスイッチやボタンの場所がわからずうろうろしてしまうことがしばしばあります。

ある程度の面積があるハウジングならスマートにタッチできそう。NFC対応と相まって、運用が楽そうなのが良いです。