新たな世界が見える。あなたとともに動き出す。320型相当の大画面映像やアプリによる楽しみが新しい世界を提供 エプソンのスマートグラスMOVERIO(モベリオ)『BT-200AV』、『BT-200』

エプソンが、メガネタイプのウェアラブル情報機器の新商品として、シースルーモバイルビューアー「MOVERIO」2機種を2014年4月24日に発売すると発表しました。遠くを見れば見るほど目の前の風景に大きく浮かぶ大画面(20m先に320型相当)で、映像(2D、3D)や情報を楽しむことができるそうです。Android4.0搭載でWi-Fi接続が可能なので、単体でWebブラウジングやネット動画などが楽しめるとか。各種センサー、GPS機能、マイク入力機能、Bluetooth接続機能も搭載。ちなみに、Bluetoothは V.3.0搭載で対応プロファイルはHSP/A2DP/HID/OPP/SPPとなっています。

epson_moverio

2014年電子決済業界の10大予測で「NFCの死」が1位に選ばれる

日本でお馴染みの近距離無線通信技術「NFC」ですが、Business Insiderが発表した2014年の電子決済業界の10大予測のトップとして、このNFCが消滅すると採り上げられたようです。iOSデバイスのiBeakon採用やBluetooth LEの普及でタッチ不要の決済システムが小売業界を席巻するとの予測みたいです。個人的には両対応で良いような気がしますが…。

スマホ向けO2Oソリューションpopinfo高精度位置情報配信が可能にーBluetooth配信に対応ー

スマホ向けO2Oソリューション「popinfo」がBluetooth配信に対応。従来のGPS/Wi-Fiを活用した位置情報配信、時間帯配信、属性別配信に加え、Bluetoothを活用することで5~30cmという近距離向けの配信が可能になったそうです。該当店舗に来店すると、店舗毎、階層毎のお買い得情報やフロアマップなどを受け取る事が出来るサービスの実験もスタート。一つ上の記事と密接に関係する内容です。

自分が離れたときだけロックがかかる。『ブルセク』がなかなかスマート | TABROID(タブロイド)

スマホやタブレットのロックを制御する「Blusec」というアプリの紹介。あらかじめ登録してあるWi-FiネットワークやBluetooth機器との接続中は、ロック画面がスキップできるように設定できるそうです。ただし、無料で使える空きスロットはWi-Fi用が1つだけで、Bluetooth用を含む2つ目以降は課金が必要とか。

長文入力には欠かせない!――Bluetoothキーボードはこう選べ iOS編

iOSデバイス向きのBluetoothキーボード4機種の紹介。リュウド「RBK-3200BTi」、ロジクール「K811」、サンワサプライ「SKB-BT15W」、エレコム「TK-FBP052シリーズ」の4機種。トータルの完成度が最も高いと感じたのはリュウド「RBK-3200BTi」で、「1つのBluetoothキーボードをさまざまなOSで使いたい」「とにかく安いものが欲しい」という人にオススメなのはエレコム「TK-FBP052」だそうです。