akg_k845bt_1

K845BT | ポータブルヘッドホン | AKG by HARMAN

ハーマンインターナショナルが、既発売のAKG K545にBluetooth機能を搭載したワイヤレスモデル「オーバーイヤーBluetoothヘッドフォン K845BT」を2月上旬に発売すると発表しました。価格はオープンで、店頭予想価格は29,800円前後。

ハンズフリー通話対応でスマートホン使用時の利便性も特徴。AKGの技術が凝縮した大口径50mm径ドライバーによるハイクオリティサウンドをワイヤレスで快適に楽しめるリファレンスBluetoothヘッドホン。着脱式ケーブルを接続してワイヤードヘッドホンとしても使用可能。

akg_k845bt_2

K845BTの主な特長

NFC対応Bluetoothワイヤレスヘッドホン

PINコード自動入力の簡単設定。NFC搭載スマートホンであればハウジングトップにワンタッチするだけで簡単にペアリング。

akg_k845bt_5

ハンズフリー通話&リモコン搭載

ヘッドホン本体にマイクロホンを内蔵。スマートホンとのワイヤレス接続時にハンズフリー通話が可能。リモコン搭載で、音量調整、再生、一時停止、ハンズフリー通話の着信応答、終話に対応。

スタジオクオリティサウンドを可能にする大口径50mm径ドライバー

K545同様、AKG独自の技術が凝縮した大口径50mm径ドライバー搭載。大口径の迫力と高いリニアリティがもたらす正確且つ精細な情報量の共存により、躍動感のあるワイドレンジ再生が可能。

akg_k845bt_6

大口径ドライバーのポテンシャルを引き出す独自の技術

<ベンチレーション・システム>
ドライバー本体や内部ハウジングの空気の流れを調整するポートを装備し、振動板の振幅時に発生する背圧を最適化。
<インナー・バスレフ・エンクロージャ>
ヘッドホンハウジング内にバスレフ・エンクロージャの役割を持つバスポートを装備した内部ハウジングを装備。ベンチレーション・システムと合わせて、振動板のよりスムーズな振幅に効果を発揮。振幅の大きい低音再生時も安定したドライバビリティを実現。

遮音性が高く快適な装着感の低反発性イヤパッド

イヤパッドに低反発性クッション素材とプロテインレザーを採用。遮音性を高め音質の向上にもつながる適度な側圧を低反発性クッションがソフトなフィッティングで吸収。そして優れた吸放湿性のプロテインレザーにより不快なムレを軽減することで、さらに快適な装着感を実現。

akg_k845bt_3

ケーブルは着脱式を採用

着脱式のケーブルにより、バッテリー切れの時でも通常のワイヤードヘッドホンとして使用可能。

K845BTの主な仕様

タイプ 密閉ダイナミック型(オーバーイヤー)
カラー ブラック
周波数特性 20Hz~20kHz
感度 102dB/mW(有線接続時)
インピーダンス 32Ω
対応プロファイル A2DP,AVRCP,HSP,HFP
入力プラグ φ3.5mm 4極ステレオミニ(ストレート型)
電池 リチウムイオン充電池(充電:3時間 再生:8時間)
重量(ケーブル含まず) 292g(本体のみ)
付属ケーブル <ケーブル着脱式>
ヘッドホンケーブル(φ3.5mm 3極ステレオミニ ストレート型1.1m)×1、充電用ケーブル 1.3m

akg_k845bt_4

AKG、有線接続も可能なNFC対応Bluetoothヘッドフォン「K845BT」

AV Watchにはミニ試聴レポートも掲載されています。「ハウジングのスペースなどが阻害されて音場が狭くなるのではないかと懸念したが、そのような事は無く、繊細な描写力と合わせて、Bluetooth接続である事を忘れそうになる。有線接続も試したが、Bluetooth接続時と音のバランスや傾向がほとんど変わらず、完成度が高い」と高評価。

落ち着いたデザインも好印象。AKGのBluetoothヘッドホンって、もしかしてK830以来でしょうか。同社製のBluetoothヘッドホンはある意味稀少なので引きも強そう。自分も実際の音を確かめてみたいです。