カセットプレーヤーからスマホの音楽が聞ける カセットテープ型Bluetoothアダプタ登場 一見カセットテープだけど、プレーヤーに入れると……。

カーステレオをワイヤレス音楽プレーヤーに変えるカセットテープ形のBluetoothアダプター「Cassette Adapter Bluetooth」がIONから登場。Bluetooth経由でスマホなどの端末内の音楽がカーステレオから再生可能になるというもの。充電池内蔵で、プレーヤーに挿入する自動で電源オン、取り出すと自動で電源オフになるようです。価格は未定。カセットテープタイプのレシーバーってことですね。

ion_cast_adp_bt

レビュー:多機能過ぎるBluetoothスピーカーSound BlasterAxx AXX 200

engadetによるクリエイティブメディアのBluetoothスピーカー「Sound BlasterAxx AXX 200」のレビュー。メガホン&サイレン、ボイスチェンジャー、ポータブルカラオケなど、機能が豊富すぎてBluetoothスピーカー機能自体がおまけと思えるそうです。そうした「Bluetoothスピーカー以外のプラスαの部分に興味があるかどうかで評価の分かれそうなガジェット」とか。

CES 2014ではツインレンズ/電動雲台がトレンド!? “ハイレゾの無線伝送”で注目の「All Play」

小寺良信さんのCES2014レポートの中に、パナソニックの「Qualcomm All Play」対応オーディオ製品に関する情報を発見。1つのソースを複数台のオーディオ機器で同時に鳴らすことができるほかに、ハイレゾソースの伝送も可能だそうです。再生アプリは「ソースをスマホだけでなくDLNA機器から選択し、スピーカーをBluetoothやDLNA、AirPlay、All Play対応機に飛ばすという、何でもできる再生ハブになる機能を持っている」とか。

Positive GridよりiPadやiPhoneに最適なBluetooth MIDIフット・コントローラーが登場

Positive Gridが、iOS、Macアプリをハンズ・フリーで操作できるBluetooth対応のMIDIフット・コントローラー「BT-2 Bluetooth MIDI Foot Controllers」と「BT-4 Bluetooth MIDI Foot Controllers」を発売するそうです。MIDI対応アプリならワイヤレス・コントロールが可能になり、Mac環境ならケーブル不要でボリューム、エフェクトもコントロールできるそうです。価格はBT-2が8,900円、BT-4が11,000円。

positive_grid_btpedal

行方不明になった愛犬を、友人や近隣の人の助けを得て探すPuppy

ペットの首輪に付けて使用するBluetoothタグ「Puppy」の話題。BLE経由でスマートフォンと接続。ペットがスマートフォンのBluetoothレンジから外れてしまった場合でも、居場所を探しだす能力を持っているそうです。近所の人や信頼できる友達にアプリを導入してもらい、アプリ間で連絡を取り合うことで自分のペットがどこにいるのかを把握するらしいです。犬や猫などはあっという間に遠くに行ってしまいそうですが、タグ自体100mまでいけるclass 1採用なのかな…。