zs-rs70bt_bnr

スマートフォンやウォークマンなどの音楽をワイヤレスでリスニング。CDやUSBの音源、ラジオも聞けるBluetooth対応CDラジオ ZS-RS70BT

ソニーが、CDの音楽を聞いたり、CDをUSB機器に録音して楽しめ、FM・AMラジオも聞けて、Bluetoothスピーカーとしても使えるNFC対応のCDラジオ「ZS-RS70BT」を1月25日(土)に発売します。価格はオープンでソニーストアでの販売価格は税込15,225円。

ZS-RS70BTの主な特徴

CDプレーヤーは、音楽CDの他に、CD-DAフォーマットで記録されたCD-R/RW、MP3/WMAフォーマットで記録したCD-R/RWの再生にも対応。

USBは、MP3、WMAフォーマット(DRM/WMA Loseless/WMA PROを除く)のファイルが記録されたUSB機器(FAT16とFAT32のみ)の再生に対応。

CDやUSB機器内の曲を、通常再生/リピート再生/シャッフル再生/フォルダー再生/プログラム再生などお好みに合わせて再生可能。CDの音楽はUSB機器に保存も可能。

zs-rs70bt_3

本体前面にイルミネーションを搭載。通常時は中央部分が白く、Bluetooth接続時には中央部分が白く、両端が青く点灯。再生中はライトシンク機能により、音楽にあわせてイルミネーションの両端が赤く点灯。迫力のある重低音を実現するMEGA BASSも搭載。

zs-rs70bt_ls

Bluetooth Ver.3.0に対応。スマートフォン、タブレット、音楽プレイヤーなどのBluetooth機器の音楽を、ワイヤレスでスピーカー再生可能。

NFC搭載スマートフォンやタブレットなら、ペアリングや接続、切断、接続切り替えもワンタッチ。音楽再生中のNFC搭載機器をタッチするだけで電源がオンになり音楽を再生。

zs-rs70bt_2

ラジオはFMステレオとAMモノラルを受信可能。ラジオの電波が悪いときは、FM放送は本体のロッドアンテナを伸ばすことで、AM放送は本体の向きを変えることで、それぞれ改善(される場合もあり)。

ラジオの受信中にオートプリセットボタンを長押しすることで、受信中のバンドの放送局を自動プリセット登録。手動登録も可能で、FM20局、AM10局の合計30局まで記憶可能。

外部機器とつなげる音声入力端子やヘッドホン端子も搭載。Bluetooth非搭載の音楽プレイヤーやスマートフォンなどの音楽をスピーカー再生可能。

無操作や無音の状態が15分経過すると、自動的にスタンバイモードになります(ラジオ受信中は無効)。

AC電源のほか、単2形アルカリ乾電池(別売)にも対応。乾電池6本でFM放送約19時間の長時間駆動が可能。

(次のページに続きます)