JF-BTFMEXK_1

高音質FMトランスミッターと高品質ハンズフリー通話システムのコラボレーション カーオーディオとスマホの新境地 Bluetooth対応ワイヤレスFMトランスミッター「JF-BTFMEXK」新発売

フォースメディアは、Bluetooth対応ワイヤレスFMトランスミッターと高品質なハンズフリー通話システムをコラボレートし、新たな使いやすさを提供するJ-ForceブランドのBluetooth対応ワイヤレスFMトランスミッター「JF-BTFMEXK」を12月中旬に発売すると発表しました。価格はオープンで実売税込想定価格6,980円。

ハンズフリー通話機能は、周囲の騒音から音声を抽出しエコーをキャンセルする「CVC技術」や高音質通話を実現する「HD Voice」に対応、一般的なBluetoothハンズフリー通話専用製品よりも高品質な音声通信を実現。

音楽再生時は、スマートフォンやタブレットとハンズフリーイヤフォンがBluetoothでつながり、ベースのFMトランスミッターからカーオーディオへFM波を使い音楽を転送。

着信時、FMトランスミッターのハンズフリーボタンを押すと受話。相手の声はカーオーディオのスピーカーから聞こえ、自分の声はハンズフリーイヤフォンのマイクがピックアップ。再度ボタンを押すと通話終了。ボタンの2度押しでリダイヤルも可能。

着信時にFMトランスミッターからハンズフリーイヤフォンを取り外して通話も可能。取り外すと相手の音声はハンズフリーイヤフォンでのみ聞こえるようになり、同乗者には聞かれなくなります。ハンズフリーイヤフォンをFMトランスミッターに取り付けると通話終了。

ハンズフリーイヤフォンはFMトランスミッターに取り付けた状態で充電。連続待受時間は最大70時間。

音楽再生はapt-Xコーデックによる高音質な音楽再生に加え、新たにリモコンプロファイル「AVRCP」に対応。

FM送信周波数は76.0MHzから108.0MHzまで0.1MHzステップで周波数選択が可能で、5チャンネルまでプリセットが可能。

デバイスの充電機能は、最大電流を1Aから2.4Aまで大幅に増やしたことで、大容量バッテリー搭載スマートフォンやタブレットへの充電および急速充電に対応。

JF-BTFMEXK_2

JF-BTFMEXKの基本仕様

FM送信周波数 76.0~108.0MHz(0.1MHzステップ)
Bluetooth仕様 Version4.0 CLASS2
周波数拡散方式 FHSS
キャリア周波数 2,400~2,480MHz
対応プロファイル HFP, HSP, A2DP, AVRCP, SCMS-T
対応転送コーデック apt-X, SBC
Bluetooth通信距離 最大10m
ペアリング記憶台数 8台
イヤフォン再生周波数帯域 100Hz~18,000Hz
内蔵電池 25mAh リチウムイオン充電池
連続待受時間 最大70時間(イヤフォンマイク単独使用時)
音楽再生/通話時間 最大1.5時間/最大2時間(イヤフォンマイク単独使用時)
充電時間 60分
出力端子 充電専用USB端子(+5V/2.4A)
電源 DC +12V (シガーソケットから給電)
消費電流 35mA(最大)
外形寸法 W52.5xD27.5xH56.8mm (突起部・ケーブル除く)
質量 約45g
接続ケーブル長 約1.5m
同梱品 固定スタンド×2、イヤピース(小)×1、シガープラグ電源アダプタ、ユーザーズガイド/保証書
対応機種 Bluetooth version2.1以降を搭載し、HFP,HSP,A2DPプロファイルに対応したスマートフォン・タブレット・オーディオプレイヤー

最初はコンセプトが良く理解できなかったのですが、スマホやタブレットとBluetooth接続したヘッドセットがFMトランスミッターとドッキングすることで、スマホやタブレットの音楽をFMでカーステレオに飛ばすということなんですね。

ある程度利用者を選ぶ製品ですが、クルマの運転が多い人にはうれしい機能なんでしょうね。