mini_jambox_1

Jawboneのワイヤレススピーカー MINI JAMBOX™を発売

トリニティが、Jawbone製のBluetoothスピーカー「JAMBOX」シリーズ新製品、「MINI JAMBOX」を11月下旬より発売すると発表。レッドドット、シルバードット、グラファイトファセット、ブルーダイヤモンド、アクアスケール、パープルスノーフレークの6色展開。価格はオープンで店頭予想価格は税込21,800円。

「MINI JAMBOX」のボディは1枚のアルミ押し出し材によって造られ、それが密閉型エンクロージャーとなる仕組み。2個のネオジムマグネットドライバーとパッシブバスラジエーター搭載により、255gという軽量ボディーながら、これまでにない高品質なサウンドを実現。

「MINI JAMBOX」は、高性能なDSP技術の採用で、あらゆる種類の音楽ソースを最適化し、より高音質に再生。内蔵バッテリーは1回の充電で最大10時間の連続再生と75時間の連続待受が可能とか。

「MINI JAMBOX」は、無料のスマホアプリと組み合わせて使用でき、スピーカー音声操作案内の機能をカスタマイズしたり、好みのプレイリストをスマートフォンなどのモバイル機器からアプリに取り込むことが可能。また、バッテリー残量をiOSやAndroid、BlackBerryデバイスの画面上に常時表示することもできます。

「MINI JAMBOX」 は、オリジナルのLiveAudio機能の追加も可能。LiveAudioは臨場感あふれる3Dサウンド体験を可能にするソフトウエア。さらに、アップデートが可能なSmartSpeakerに対応した他の機能やサービスにより、今後さらに優れたスピーカーへと進化していくとのこと。

mini_jambox_2

MINI JAMBOXの主な仕様

製品サイズ 154 × 58 × 24.5 mm(W × H × D)
製品重量 255g
パッケージサイズ 168 × 121 × 41mm(W × H × D)
パッケージ重量 150g
Bluetooth Bluetooth 4.0 (最大8台までのマルチペアリング機能と2台までのマルチポイント機能)
連続再生時間 最大約10時間(ボリュームや使用状況によって利用可能時間は変わります)
内蔵電池 リチウムイオン充電池
接続端子 Micro-USBコネクター
充電端子 USBコネクター(Micro-USB – USBケーブル付属)
充電時間 約75分で満充電

mini_jambox_hikaku

サイズ154×24.5×58mmで重さ255gはかなり頑張っていると思います。ということで、他社の競合製品とサイズと重さを比較してみましょう。

横(mm) 奥行き(mm) 高さ(mm) 重さ(g)
MINI JAMBOX 154 24.5 58 255
foxL V2 Bluetooth 143 35 55 269
BOSE SoundLink Mini Bluetooth speaker 180 59 51 655
SONY SRS-BTS50 175 65 70 400
YAMAHA NX-P100 172 54 60 500
Olasonic TW-BT5 87 87 152 480
Uniden UBTS300 130 89 47 400

幅と高さはさほど特筆すべき事は無いですが、他と比べて薄さと軽さがかなりのアドバンテージとなってます。何かと引き合いに出される「foxL V2」を打ち負かすべく、相当頑張って軽量化したのでしょう。逆にこの重さで果たして納得のいく低音が出るのかどうか…。実際の音を確かめてみたいです。