yamaha_nxb55

テレビやパソコンなどの音を手軽に高音質で楽しめ、 スマートフォン・タブレットから音楽コンテンツをワイヤレス再生できるBluetooth®にも対応 ヤマハ Bluetooth®スピーカーシステム 『NX-B55』

ヤマハが、テレビやパソコンなどさまざまな機器の音声だけでなく、スマートフォンやタブレット内の音楽コンテンツをワイヤレス再生できるBluetoothスピーカーシステム『NX-B55』を11月上旬に発売すると発表しました。価格はオープンで、店頭予想価格は2万円前後になるようです。

NX-B55 主な特長

1.スマートフォンやタブレットから、音楽コンテンツをワイヤレス再生できるBluetoothに対応

手持ちのスマートフォン・タブレットなどのBluetooth対応機器とのワイヤレス接続が可能。スマートフォンやタブレット内に保存している音楽ファイルや、インターネット上の音楽コンテンツなどのワイヤレス再生が楽しめます。

2.コンパクトでも迫力あるサウンドを創出する、こだわりの高音質設計

傾斜フォルムを活かした高音質設計入念にチューニングして独自開発した7cm口径のフルレンジユニットは、全音域にわたりクリアで自然なサウンドを再現。バスレフポートも前面に設け、サイズを超えた低音再生を可能に。上向きに傾斜したフォルムにより、心地よい音の響きと広がりをもたらすとともに、キャビネット内の平行面を減らし音の内部干渉も低減。音量に合わせた低域補正を自動で行うラウドネスコントロールも搭載し、小さな音量でも迫力のある再生音を実現。

3.「おまかせミックス機能」「オートスタンバイ機能」を搭載して、手軽に使いやすく

ステレオミニジャックを装備し、テレビ・パソコンなどと付属ケーブルをつなぐだけで簡単に接続可能。同時再生できる「おまかせミックス機能」を搭載し、入力端子に接続した機器とBluetooth接続した機器のソース切り替えも不要。接続した機器からの入力信号の有無により、自動で電源のON・OFFをする「オートスタンバイ機能」も搭載。ヘッドホン端子を本機前面に装備。

4.コンパクトで上質なデザインに、チタン色のプレートで高級感をプラス

幅83mm×高さ184mm×奥行184mmのコンパクトサイズ。音の透過率を計算して上側・下側でメッシュの密度を変えたパンチングメタル製フロントグリル、フロント中央を貫くチタン色プレートが上質なデザインをより一層引き立てます。

NX-B55 主な仕様

アンプ部 実用最大出力 14W(7W+7W)/6Ω、1kHz、10%THD
スピーカー部 スピーカーユニット 7cmコーン型フルレンジ(非防磁)
Bluetooth部 バージョン Ver.2.1+EDR
対応プロファイル A2DP
対応コーデック SBC、AAC
無線出力 Bluetooth Class 2
最大通信距離 10m(障害物が無いこと)
対応コンテンツ保護 SCMS-T方式
再生周波数帯域 55Hz~20kHz
入力端子 ステレオミニジャック 1
出力端子 ヘッドホン(ステレオミニ) 1
消費電力 13W(待機時0.5W以下)
外形寸法(幅×高さ×奥行き) 83W×184H×184D mm
質量 右:1.1kg、左1.0kg(スピーカーケーブル2.0m含む)
付属品 ACアダプター(本体用)、3.5mmステレオミニプラグケーブル(2.0m)×1

yamaha_nxb55_lvg

BOSE M3似のヤマハ製パワードスピーカーがBluetooth対応ですか。バージョンは2.1+EDRで、AACコーデックにも対応していますね。上の画像からして、テレビとの相性が一番良さそうな感じ。テレビ用のスピーカーは群雄割拠ですごい事になってますが、バータイプやベースタイプが多くなってて、この手の単純なステレオのセパレートタイプは意外に少ないですよね。

【関連ニュース】
ヤマハ、Bluetooth接続にも対応したステレオアクティブスピーカー「NX-B55」