yamaha_nxp100_1

いつでもどこでも音楽を持ち運べる、 コンパクトなBluetooth®対応ワイヤレス再生スピーカー ヤマハ ポータブルワイヤレススピーカー 『NX-P100』

ヤマハが防滴仕様のBluetooth対応ポータブルワイヤレススピーカー「NX-P100」を11月上旬に発売すると発表しました。メタルフレームボディを両サイド・天面・底面のシリコンが保護することで、頑丈さを追求しながら、素材によるグリップしやすさも兼ね備えています。シンプルで愛着のわくデザインを彩る、個性的な3色をラインナップ。価格はオープンで、店頭予想価格は16,800円前後。

同機は、スマートフォンやタブレットなどのBluetooth対応機器の音楽コンテンツをワイヤレス再生できるポータブルワイヤレススピーカー。500mlペットボトル程のコンパクトサイズに、NFCやスマートフォンへのシェア充電、ハンズフリー通話機能なども搭載。

また、ヤマハ独自の高音質技術により、コンパクトなサイズを超えた低音感を実現。ツイン搭載の「SR-Bass」は、フラップ上のパッシブラジエータを使い、低音のエネルギーを高効率で空気振動に変えることが可能。独自の音質改善技術「ミュージック・エンハンサー」搭載で圧縮音源に低音域の量感と高音域の伸びをプラス。高精度なデジタル信号処理を行う「Extended stereo」により、広がりのある豊かなサウンドを創出。

Bluetoothの音声コーデックはAACとapt-Xに対応。さらに、PCなどに保存している音楽コンテンツの高音質ストリーミング再生ができる、96kHz/24bit対応USB-DACも搭載しています。

yamaha_nxp100_2

NX-P100の主な仕様

アンプ部 最大出力(JEITA) 2.0W+2.0W(4Ω、1kHz、10%THD)
スピーカー部 スピーカーユニット 4cmフルレンジ(防磁)×2、ツインSR-Bass™
Bluetooth部 バージョン Ver.2.1+EDR
サポートプロファイル A2DP(Advanced Audio Distribution Profile)、
HFP(Hands-Free Profile)、HSP(Headset Profile)
対応コーデック SBC、AAC、aptX
対応コンテンツ保護 SCMS-T
無線出力 Bluetooth Class 2
最大通信距離 10m(妨害の無い時)
USB Audio Class 対応サンプルレート/bit 96kHz/24bit、48kHz/24bit
対応OS Windows XP、Vista、7、8、Mac OS X 10.6.8、10.7、10.8
入力USBタイプ USB MicroB
NFC 対応機種 Android Ver4.1、4.2、4.3以降
記録情報 Bluetooth address
ボイスガイダンス 対応言語 日本語、英語、韓国語、中国語、ドイツ語、フランス語
マイク 形式 エレクトレットコンデンサー型
再生周波数帯域 70Hz~20kHz
入力端子 ステレオミニジャック 1
出力端子 USB typeA(スマートフォン充電用) 1
消費電力 2W
待機時消費電力 0.5W以下
バッテリー容量/電圧 2100mAh/3.6V
フル充電時間 約5時間
フル充電での駆動時間 約8時間の再生(出力160mW時)
外形寸法(幅×高さ×奥行き) 172W×60H×54D mm
質量 500g
付属品 ACアダプター、USBケーブル(1m)×1、
3.5mmステレオミニプラグケーブル(0.5m)×1、取扱説明書

USB/DAC搭載のBluetoothスピーカーは初ですかね。幅17cm強のボックススピーカーから飛び出すハイレゾ音楽は果たしてどの程度のクオリティなのか。Bluetoothと関係無くなっちゃいますが、個人的にも興味津々です。

【関連ニュース】
ヤマハ、NFC/防滴小型Bluetoothスピーカー 24/96対応PCスピーカー機能も。約16,800円