teac_btcompo_131001

ティアックは、CDやアナログレコードが再生可能なBluetooth対応のターンテーブルステレオシステムとレトロなラジオを彷彿させるデザインを採用したCD/ラジオ付2.1ch Bluetoothスピーカーシステムを発売すると発表しました。両機共にBluetoothのバージョンは3.0でコーデックはSBCのみになるようです。

Bluetooth/CD/ラジオ搭載ターンテーブルステレオシステム『LP-P1000』を新発売

lp-p1000

『LP-P1000』は、1970年代に流行したモジュラーステレオを彷彿させるデザインに、アナログレコードからBluetoothまで対応したプレーヤー部と、リビングを満たせるパワフルなパワーアンプ、それに応えるセパレートタイプのスピーカーがセットになったステレオシステム。11月下旬発売予定。価格はオープンで、店頭予想価格は54,800円前後。

プレーヤー部は3スピード対応のターンテーブルによるアナログレコード再生、CD再生、AM/FMラジオの受信に加えBluetoothレシーバーを搭載し複数のメディアに対応。外部入力端子を装備しており、テレビの音声などを高音質で楽しむことも可能。

大音量リスニングも楽しめるよう合計50Wのパワーアンプを搭載。スピーカーもセパレートタイプの本格派。スピーカーはバスレフポートを装備し、高域と低域用のスピーカーユニットを搭載した2ウェイ構成。アンプ部にはBASS/TREBLEコントロールと左右バランスコントロールの2種類の調整機能を装備。

LP-P1000の主な特長

・SPレコードにも対応した3スピード・ターンテーブル(33-1/3、45、78RPM)
・スマートホンやタブレット端末に入れた音楽をBluetooth経由でワイヤレス再生
・演奏中の振動を吸収し、針飛びを抑制してレコードを保護するターンテーブル用ラバーシート付属
・2系統の外部入力端子(フロント:3.5mmステレオミニジャック、リア:RCA)
・MP3/WMAファイルに対応したCD-R/RWディスク対応CDプレーヤー搭載
・PLLシンセサイザー方式のAM/FMステレオチューナー
・AM/FM各20局までプリセット可能
・25W + 25Wの高出力アンプ搭載
・セパレート型のバスレフ式2ウェイ・ステレオスピーカー
・BASS/TREBLE調整可能なトーンコントロール
・左右バランス調整可能なバランスコントロール
・ヘッドホン出力端子
・ターンテーブル機としても使える外部出力端子
・明るさを3段階に調節できるディマー付き液晶ディスプレー
・オン/オフタイマー、デジタル時計、スリープタイマー
・リモコン付属
・レコードに合せた交換針(別売)で貴重なレコードも安心再生
・モジュラーステレオを彷彿させる70年代スタイルのレトロモダン・デザイン

【別売オプション】
・LP/EP盤用交換針(サファイア):STL-103(3個入り)
・SP盤専用交換針(ダイヤモンド):SPL-102(2個入り)

2.1ch CD/ラジオ搭載プレミアムBluetoothスピーカーシステム 『SL-D930』を新発売

sl-d930

『SL-D930』は、レトロなラジオを彷彿させるデザインを採用した、CD/ラジオ付2.1ch Bluetoothスピーカーシステム。Bluetoothレシーバーを本体に内蔵し、Bluetooth対応スマートホンやパソコンからワイヤレスで伝送した音楽ソースを再生可能。本体天面にCDプレーヤーを装備するほか、AM/FMラジオの受信も可能。

コンパクトなボディながら高音質の再生が楽しめるオーディオライクな構成が最大の特長。スピーカーユニットにサイズ一杯の65mmユニットを採用しただけでなく、本体内部には音をクリアに響かせるためのスピーカーチャンバーを装備。本体底面には口径80mmのサブウーハーを搭載。イメージカラーのレッドを筆頭に、インテリアにあわせて選べる全4色をラインナップ。12月上旬発売で店頭予想価格は24,800円前後。

SL-D930の主な特長

・スマートホンやタブレット端末からBluetooth経由でワイヤレス音楽再生
・MP3/WMA形式や8cm CDにも対応したCDプレーヤー
・インテリア性の高い家具とマッチするレトロクールなデザイン
・AM/FM各20局までプリセット可能なAM/FMチューナー
・バスレフ方式のサブウーハーを搭載した2.1chスピーカーシステム
・左右スピーカーおよびサブウーハーには独立したスピーカーチャンバーを採用
・低消費電力の高性能Class-Dアンプ
・リモコンからBluetooth接続のペアリング操作が可能
・豊かな低域を支える底面に配置された口径80mmのサブウーハー
・サブウーハー出力調整用のBASSコントロールつまみ
・CD/CD-R/CD-RWディスク対応
・ID3タグに対応し、文字情報(アーティスト名、アルバム名、トラック名など)の表示が可能※半角英数字のみ
・4種類の再生モード(リピート再生、シャッフル再生、プログラム再生、イントロ再生)
・リピート再生機能(全曲、シングル、プログラム、シャッフル、フォルダー)
・オン/オフタイマー、スリープタイマー(15/30/45/60/90分)機能
・大型スヌーズボタン(5分間スタンバイ機能)
・バックライトの照度を調節できるディスプレーディマー機能(2段階)
・ポータブルオーディオ機器の音声入力が可能なライン入力端子(3.5mmステレオミニジャック)
・ヘッドホン出力端子(3.5mmステレオミニジャック)
・本体カラーに合わせた専用リモコン付属

teac_btcompo_131001_2

2機種共にレトロなたたずまいが良い味になってます。それでいて最新のトレンドのワイヤレス(Bluetooth)音楽再生対応というところがミソ。親子三世代それぞれが好きな音楽で盛り上がるリビングが実現できたらさぞや楽しいでしょうね。オプションでちゃんとレコード針が用意されているところも素晴らしいです。カフェなどでもコンセプトによってはインテリアとしてマッチしそう。

【関連ニュース】
ティアック、ターンテーブル/BT搭載レトロ風コンポ レコードもスマホも接続。レトロラジオ風一体型も
ティアック、レコードプレーヤー/CD/Bluetoothを内蔵したオーディオシステム「LP-P1000-B」