jvc_th-ba31-b

ホームシアターサウンドシステム TH-BA31-B | JVC

JVCがBluetooth対応のホームシアターサウンドシステム新製品「TH-BA31-B」を2013年9月上旬に発売するようです。3つのサラウンドモード搭載で、Bluetooth経由でシアターサウンドの音楽が楽しめるのが売り。価格はオープンで店頭予想価格が35,000円前後。

46型以上の大画面テレビにマッチする横幅100cm。外付けサブウーハー不要でハイパワー120Wアンプと内蔵ツインサブウーハーの迫力音場。テレビのリモコンがそのまま使える「テレビリモートパススルー」などが主な特長。

主な仕様

実用最大出力 120W  フロント:30W×2、サブウーハー:30W×2(JEITA THD 10%/6Ω)
スピーカーユニット フルレンジ:7cm×2、サブウーハー:8.5cm×2
入力端子 アナログ×1、デジタル×3(光デジタル×2、同軸デジタル×1)
Bluetooth Bluetooth Ver3.0 対応プロトコル A2DP
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 30W(動作時) 0.5W以下(電源待機時)
外形寸法 幅1000mm×高さ105mm×奥行き110mm
質量 4.5kg
付属品 電源コード、リモコン、単4型電池×2(リモコン動作確認用、光デジタル音声ケーブル×1)

ちなみに、Bluetoothのバージョンは3.0で、対応コーデックに関する詳細は不明です。ともあれ、一体型ホームシアターのBluetooth採用も当たり前の時代になりつつありますね。

【関連ニュース】
JVC、46型以上のTVに対応するサウンドバー「TH-BA31」 ワンボディにサブウーファも内蔵。上位機はBT対応
JVC、ツインサブウーファを内蔵したバースピーカシステム–Bluetoothモデルも