reconjet

サングラス(メガネ)型ウェアラブルコンピュータ GEKKO&CO.

ゲッコー・アンド・カンパニーが、Android搭載のウェアラブルコンピューター「ReconJET」の予約受付を開始。GPS、加速度、ジャイロ、電子コンパス、気圧計、温度計、光タッチパネルを搭載し、地図、心拍計、天気などのアプリが追加可能。WiFi 802.11 a/b/g/n、Bluetooth 4.0 (Apple MFi Bluetoothサポート) 、ANT+などのネットワークにも対応。価格は62,800円ですが7月21日までの予約分は52,800円だそうです。12月出荷開始予定。

動画も公開されていますが、ここで紹介されていることが本当に可能なのでしょうか…。まあ、医療関係ではそれなりにシステムが構築できれば面白いことになりそうな感じもしますが、まあ、いずれにしても普段使いするようなしろものでは無さそう。とりあえず、Bluetooth対応だけど音楽よりは音声中心でしょうね、当然。

【関連ニュース】
Android搭載のウェアラブルコンピューター「ReconJET」を日本販売
ウエアラブル端末、「腕時計型」が人気
成熟しつつある「電子万歩計」市場にどう切り込む? アップルが日本で「iWatch」の商標登録出願