miamp

Wi-Fiを内蔵し、パソコンやネットワーク接続ストレージなどに保存した音楽を手軽に楽しめる ネットワーク対応モデルなどマルチチャンネルインテグレートアンプ3機種発売 ~Bluetooth®、AirPlay、MHL™にも対応し、スマートフォンとの親和性も向上~

有線LANに加えWi-Fi経由でもネットワークに接続できる『STR-DN1040』(希望小売価格68,250円)『STR-DN840』(同54,600円)およびエントリーモデル『STR-DH740』(42,000円)、計3機種のマルチチャンネルインテグレートアンプが6/10より順次発売。

『STR-DN1040』『STR-DN840』はWi-Fi機能も内蔵。最大192kHz/24bit/2chの高品位な音楽コンテンツが再生可能なほか、「Music Unlimitedやインターネットラジオ「vTuner」にも対応。さらに、Bluetooth、AirPlayなどの無線接続にも対応。

『STR-DN1040』は、本体前面にMHL規格対応のHDMI入力端子を搭載。新開発の「リニア広帯域パワーアンプ」を搭載し、よりフォーカス感が良く、スケール感の豊かなサラウンド空間を再現。新開発の大型ブロックコンデンサやオーディオ機器専用抵抗を採用するなど音質向上も図ったとか。

3機種共通で「ESシリーズ」にも採用している高強度なガラスエポキシ基板やフルディスクリート回路などの高音質技術を搭載し、ダイナミックで抜けの良いサウンドを実現したそうです。

【関連ニュース】
ソニー、無線LAN/BT/AirPlay対応などAVアンプ3種 ハイレゾ再生対応で54,600円から。4万円台も