※本レビューはソニ☆モバからの転載です。

「第5回 ロジテック モノフェローズ セミナー レポート」で取り上げたロジテックの究極のBTイヤホン「LBT-HP04」シリーズですが、実機を試用してみたので感想をば。先日レポートしたように、フィット感重視の極小デザインと高音質を両立したとのことですが、実際それが実現できているかをズバッと評価したいと思います。

■パッケージと中身

パッケージはブリスター製でデザインもシンプルで良いのですが、中央部の商品名や特徴の記載でケーブルの短さが隠れてしまってます。全体が見えるようにしておけば、よりコンパクトさが訴求できると思うんですが…。

中身はイヤホン本体、専用クレードル、USBケーブル、USB ACアダプタ、イヤーピース(XS/S/M/Lの4種)、取説、ワイヤレス機器接続ガイド。なお、モデルによってはUSB ACアダプタが付属しないものもあります(その分安くなってます)。

■基本仕様

本体サイズは片耳で12×15×20(突起部分除く)、コントローラ部とケーブル含め、重さが全部でたった約13gと大変コンパクト。国内で販売されているBluetooth内蔵の一体型ヘッドホンは色々ありますが、イヤホンタイプでここまで小さく軽いものは、国内未発売のソニエリ「HBH-IS800」や今月発売のプラネックス製「BT-07AHS」、バッファローコクヨサプライの「BSHSBE07ABK」ぐらいかと。

Bluetoothは2.1+EDRのClass 2。対応プロファイルはA2DP、AVRCP、HSP/HFPと一般的で通話と音楽別々に台の機器とを同時接続可能となっています。リチウムイオン充電池内蔵で連続待ち受け時間は最大90時間。音楽再生/通話時間は約4時間/約4.5時間となっています。

右耳用の本体に充電コネクタがあり、付属の専用ケーブルまたはクレードル経由で充電します。充電中はコントローラ部のLEDが赤色に点灯。完了後は消灯。コントローラ部のボタンは、電源ON/OFFやペアリング、音楽再生・停止や通話に使うマルチファンクションボタン、音量調節(短押し)兼早送り・戻りボタン(3秒長押し)の3つだけ。これ以外に、状態把握のためのLEDランプ、通話用マイクが内蔵されています。ケーブル長は約50cm。個人差はあるかもしれませんが、一応ケーブルは前にも後ろにもまわせます。

■ペアリングと基本的な操作

Blueotooth製品に必要なのがペアリング。コントローラ部のLEDが青点灯に変わるまでマルチファンクションボタンを8秒以上長押し。ペアリングしたい機器側から検索して、LBT-HP04を選択後登録。パスキー入力が促される場合は「0000」を入力。ペアリング完了後はLEDランプがゆるやかな青点滅になります。

なお、付属のワイヤレス機器接続ガイドで、iOS、Android、Windows Mobileならびに、ドコモ、au、ソフトバンクのBluetooth内蔵ケータイとの接続手順を丁寧に解説してくれてますので、これを読めば初心者が設定につまずくことはないでしょう。エコ的な観点はともかくとして、素直に親切だと思いました。

電源のオンオフはマルチファンクションボタンの4秒以上長押し。ピロピロ~って音が再生されますのでイヤホンを耳に装着した状態でもオンオフが耳でも確認できます。ペアリング済みの機器がある場合は、同ボタンの短押しで再生・一時停止(ミュート)が可能。

参考までに、バッテリーが残り少なくなるとイヤホンから警告音が再生されるようになります。ポンポンポーンみたいな音が定期的に十数回再生されたのち、自動的に電源がオフになりました。ちなみに、アラートが再生されてから5分と保たないのでバッテリー残量には要注意。