ウォーク・ア・ファイン・ライン(紙ジャケット仕様)

AORの名盤と誉れの高いポール・アンカの「ウォーク・ア・ファイン・ライン」がソニーレコードから紙ジャケで20年ぶりに完全限定復刻とのことで勇んでゲット。

リアルタイムは完全にスルーしていたので今回初めて耳にしましたが、どの曲を聴いてもポール・アンカとは全然わかりませんでした。

猫も杓子もAORな時代だったとはいえ、ポップスの大御所までがこんなアルバムを出していたとは…。

中身は正にシカゴ&ドゥービーブラザース。ルカサーやポーカロといったTOTOチームも参戦。しかも、Airplayチームのプロデュースと来れば自ずとマストアイテム決定っす。

にしても今年のAOR&Fusion系のリイシューはすごいっすね。先月今月とCDの購入費用が大変なことになってます。

来月もこれまたすごいラインナップなんだよなあ。金がいくらあっても足りないよう…。

※ソニモバからの転載です。